• HOME
  • >
  • 吉相印鑑

吉相印鑑

吉相印鑑とは、日本での印鑑の歴史は約1300年で今日まで使用してきた印鑑で運が良かったか悪かったか、どのような事が起こっていたのかの統計で吉相印鑑、凶相印鑑を決めてある。

凶相印鑑は、あまり良いことが起こってない印鑑。吉相印鑑は、あまり悪いことが起こってない印鑑。

下記で凶相印鑑の代表的なものをご紹介いたします。

四角印 四角印角型の印鑑を用いてる人は、努力しても恵まれず、一時的に好調の時があっても持続性がないから、運勢にムラがでる。ものごとに長続きしない。角の印鑑は財産をなくすといわれています。
外太枠細字の印鑑 外太枠細字の印鑑印鑑の外枠が太くて、中の文字のほうを細く彫ってある印鑑は、発展性がとぼしく、財運に恵まれず、社会の信用が得られず、金が入るが残らない。内臓特に胃腸病が多い。
斜め彫りの印鑑 斜め彫りの印鑑印鑑の印字は斜め書きに配分するのは見た目には面白いが、実は無駄ごとや浪費が多く、人事のトラブル、破壊の凶相として避けるべきです。
印字・枠の欠損した印鑑 印字・枠の欠損した印鑑印鑑の印字や、枠の欠損は、散在や出費が多く、愛情運などにも恵まれません。せっかくバランスのとれている印画が欠損するのですから、その欠けた部分から、幸福やお金などが逃げ出すとも考えられています。
印字のくずした印鑑 印字のくずした印鑑デザイン化された印字の印鑑はもちろん楷書、行書、草書などの印字は、柔弱、静止、陰気など、出世がおくれたり、社会的な信用が得られない凶相印鑑です。特に生気がない印相なので、男の人は避けるべき印鑑です。
四つ割印 四つ割印この印鑑は凶運の為、財産家に生まれた人は親の財産を相続できず、無理に相続してもなくす事となります。金運なし、但し、貧家に生まれ、苦労し、雑事を切り抜けた人は、財に恵まれる事あるも相続者に恵まれず。
姓だけを彫った実印 姓だけを彫った実印男の実印には、必ず姓と名を入れて下さい。姓だけの実印は信用を失い。仕事がすべてまとまらない事を意味しています。
小判型の印鑑 小判型の印鑑小判型の印鑑は、円の変形であり俗に三文判と言われる貧相印とされています。この印は安サラリーマンに甘んじ三文の値打ちしかない運命をたどるとされています。